家を売りたいのに売れない!その理由と早く高く売る方法とは

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/03/01

マイホームを売却しようと思ったときに、できるだけ高く売却したいと誰しもが考えるでしょう。しかしそもそも、売却したいのになかなか売れない場合や、よりよい条件で売却するには一体どうすればよいのか悩む方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、家が売れない理由と早く高く売る方法について具体的にご紹介していきます。

家が売れない理由

それでは、一体家が売れない理由にはどのようなものがあるでしょうか。家が売れない理由には、大きく分けて以下の4つの理由が考えられます。

価格が相場よりも高い

まず1つ目の理由は、家の売出価格が相場よりも高いことです。家の購入を検討している人は、探しているうちに物件の相場を知ることになります。売出価格が相場より高いとその時点で候補から外されてしまいます

売出価格を高く設定した場合、購入希望者が中古物件をインターネットで検索するときに検査結果にひっかかりにくくなります。そのため、内覧まで検討する人も当然少なくなり家自体の需要も少なくなっていくことになります。

販売活動が不適切

2つ目の理由は、販売活動が不適切なことです。仲介する不動産会社との契約方法が一般媒介契約の場合、物件を複数社が取り扱います。そのため、自社で売却できるとは限らないので、不動産会社が積極的に販売活動していないことなどが考えられます。そして、売却期間が長くなると、どの会社もその物件に対して注力する度合いや販売意欲が下がってしまうこともあります。

また、不動産会社が買い手を絞っているという可能性があります。これは、契約方法が専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合、囲い込みを行っていることが考えられます。

囲い込みとは、自社の顧客情報の中から買主を探そうとするなど、売却依頼を受けた物件の情報を市場に公開しない行為のことです。このように仲介する不動産会社選びが適切でないと、思うように購入希望者が集まらず需要が伸びません。

内覧準備に問題がある

3つ目の理由は、内覧準備に問題があることです。内覧は、購入希望者が家に入った最初の瞬間の印象が非常に重です。部屋が老朽化していたり水回りが汚れていたりすれば、当然購入検討者の購入意欲が低下してしまいます。

また、内覧時の対応が適切でなく受け答えが不充分であったり、感じのよい対応ができていなかったりすると、物件自体を気に入ったとしても購入意欲の低下につながることになります。

物件の需要がない

4つ目の理由は、物件の需要がないことです。所在エリアの需要が低く、不動産の立地条件が悪いことなどが挙げられます。人気のエリアではなく、アクセスや治安が悪いなど住みやすさに欠けるエリアであったり、商業施設などが少なく買い物しにくかったりするエリアであることも考えられます。

家が売れないときの対処法

家が売れない理由を理解したところで、続いて家が売れないときの対処法とはどのようなものがあるかみていきましょう。まず、物件が築年数や立地条件に見合った売出価格になっているか、価格設定を見直すことが重要です。また、信頼できる不動産会社を見つけることも大切なポイントです。

そして、内覧時は片付けや掃除を隅々まできちんと行い、内覧者によい印象を与えられるように準備しておきましょう。汚れがひどい場合は、ハウスクリーニングを依頼するのも一つの方法です。

余裕があれば、ホームステージングしてもよいでしょう。ホームステージングとは、売出中の物件の室内を家具や照明、小物などで飾り、モデルルームのように室内を演出するサービスのことです。

立地条件は努力ではどうにもなりませんが、広告などのアピールの仕方によっては工夫できることがあります。たとえば、アクセスが悪く商業施設もないが、閑静な住宅街であるとアピールするなど、デメリットをメリットとして伝えるとよいでしょう。

信頼できる不動産会社を見つけることが重要

上記のように、家を早く高く売りたいときには、信頼できる不動産会社を見つけることが大切だといえます。それでは、信頼できる不動産会社を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。

不動産会社を探すときは、1社だけに依頼するのではなく、複数の会社へ査定依頼してもらうようにしましょう。一括査定サイトなどもあるので、利用してみるのもよいでしょう。

まず売却業専門の会社か確認し、免許番号で宅地建物取引業の免許を持っているかを調べます。さらに、国土交通省ネガティブ情報等検索サイトで、不動産業者が過去に行政処分などを受けていないかを確認します。

その他、連絡はマメにしてくれるか、しっかりとヒアリングしてくれるか、メリットばかりでなくデメリットもしっかり伝えてくれるかなども、信頼できる不動産会社かどうかを見分けるポイントです。

 

以上のように、家が売れない理由とその対処法や、早く高く売るために信頼できる不動産会社を見つけることなどについてご紹介してきました。不動産売却に失敗しないためにも、事前によく調べ準備しておくことが重要だといえるでしょう。マイホームを売却する際にはぜひ、上記の内容を参考にしてみてください。自身の大切な財産である家を売却するのですから、納得のいく取引きができるようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
【その他】熊本市の不動産売却業者一覧

新着記事

不動産の中でも土地の売買には大きな金額の税金が発生するため、受けられる控除があれば活用したいものですね。土地の売却にかかわる税金の控除にはさまざまな種類があり、うまく活用できれば譲渡所得を抑
続きを読む
不動産を所有するうえで避けられない費用といえば、固定資産税です。固定資産税は、固定資産税評価額を基礎として算出されますが、固定資産評価額の意味を理解していない方も多いのではないでしょうか。本
続きを読む
相続や高齢の両親が老人ホームなどへ移って、実家が空き家になってしまった場合、早く売った方がいいのか、そのまま持つべきか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。空き家は、そのまま放置すると、
続きを読む